新しい印鑑!

イメージ画像

今までに、何度か新しい印鑑を持ちたいと思ってはいた。
いつも、100円ショップへ行きとりあえず安くてもいいから、で間に合わせていた。
なかなか新しい印鑑を、買って「これが私と言う証の印鑑を持ちたい!」と、いつも思うだけで、ついつい諦めてしまう。
なぜだろう?安い印鑑を持って喜んでいるようじゃ!いつまで経っても、出世は出そうもないと、思ってもすぐ無くしたりしたら、もったいない。

しかし今までの、ハンパなき持ちを捨て、奮発してちょっと高めでカッコ良くて長持ちできる印鑑を選びました。
高いお金を出して買ったのは良いけど、価値がいい印鑑に限って私は、無くしてしまうのです。
「これで何個目の印鑑なんでしょう」と、思うくらい無くしてるんです。
この事を、親が知ったら、
「もう、何度同じ事やってんの、いつになったら無くさないで、印鑑は、いつもここにあるよって、言えるのかな。」って、言われそうです。

勇気を振り絞って、親に相談をして無くさないようにするから、一緒に新しい印鑑を選んで貰う事にしました。
親はしぶしぶ撰んでくれる事になりました。
その時、父がとてもいい印鑑屋さんがあることを教えてくれたので、母と一緒に行き、どんな印鑑にすればいいかを相談して、将来的にも伸びる事の出来るようにと、選んでくれました。

一週間して、頼んでいた印鑑が出来たと、連絡が入り喜びを隠し切れなかったけど、急いで取りに行きました。
これが、一生付き合う印鑑なんだと思い大切にして持って行く事を心に誓いました。



このページの先頭へ